1978年にバイオジェンは先見性ある科学者が集まった小さなグループにより創設され、バイオテクノロジー企業の先駆けとなりました。今日、当社は世界で最も長い歴史のある、独立したバイオテクノロジー企業の一つです。 

30年近くにわたって、重篤な疾患を患っている世界中の何百何千人もの人々が、バイオジェンの開発した革新的で重要な医薬品の恩恵を受けてきました。当社は、バイオテクノロジーの分野の推進と患者の方々の支援において、当社が果たしてきた役割を誇りに思います。そしてこの優れた科学と発見の実績を土台として、ますます複雑化する挑戦を追求します。

1978年

  • 優れた科学者のグループと3名の投資家がスイスのジュネーブに集い、生物学における画期的な発見に重点を置く新しい製薬会社であるバイオジェンNVを設立しました。
1979年
  • バイオジェンの科学者であるチャールズ・ワイズマン博士(Charles Weissmann, Ph.D.)は、  生物学的活性ヒト白血球(α) インターフェロンのクローンを作ることに成功したと発表。バイオジェンは、インターフェロンαの世界中でのライセンスをシェリング・プラウ(Schering-Plough)社に供与。
  • バイオジェンの科学者、ケネス・マレイ博士(Kenneth Murray, Ph.D.)は、B型肝炎ウィルスのたんぱく質抗原の細菌を合成。
1980年
  • バイオジェン創業者、ウォールター・ギルバート博士(Walter Gilbert, Ph.D.)は、DNA塩基配列決定法における業績によりノーベル化学賞を受賞。
1982年
  • バイオジェン、マサチューセッツ州ケンブリッジに、新本社を含む、施設の開設を決定。
1983年
  • バイオジェンは、新規株式公開(IPO)の終了後、ナスダック(NASDAQ)上場企業となる。
1985年
  • シリコンバレーの投資家が研究科学者と共同で、カリフォルニア州サンフランシスコにアイデック製薬会社(IDEC Pharmaceuticals)を創立。目標は、モノクロナール抗体の開発と製品化である。
1986年
  • 米食品医薬品局(FDA)の承認により、 シェリング・プラウ社は販売を開始し、初のバイオジェンが開発したインターフェロンα-1b製品の販売を市場にもたらした。これは白血病の治療法である。
  • バイオジェン、初の製造施設を設立。
1988年
  • バイオジェン、公開会社として初の黒字収益四半期を報告。
1989年
  • バイオジェン、スミス・クライン・ビーチャム(SmithKline Beecham)(現グラクソスミスクライン(GlaxoSmithKline))社より組み換えB型肝炎ワクチンのFDA承認を発表。同ワクチンは、バイオジェンからライセンス供与を受けた技術を使用。
1991年
  • IDEC社、ナスダック上場企業となるために、IPO申請を提出。
1993年
  • バイオジェンの創業者、フィリップ・シャープ博士(Phillip Sharp,Ph.D.)、分断遺伝子の発見によってノーベル医学賞を受賞。
  • マレイ博士は、B型肝炎抗原の発見により、ナイト爵を授与される。
1995年
  • バイオジェンは、ノースキャロライナ州のリサーチ・トライアングルパーク(Research Triangle Park)を拡張。
1996年
  • バイオジェンは、再燃型の多発性硬化症(MS)の治療のためのインターフェロンβ-1aのFDA承認を発表。1年後には欧州連合(EU)の承認を受ける。
1997年
  • FDA、IDECのリツキシマブを特定のタイプのB細胞性非ホジキンリンパ腫に承認。これは、あるタイプのがんに承認された初めてのモノクロナール抗体である。FDAは、最終的に関節リウマチ、多発血管性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症)、顕微鏡的多発性血管炎や慢性リンパ球性白血病の治療にこの治療法を承認した。
2000年
  • バイオジェンは、多発性硬化症の患者の方々と介護者のための総合的な支援サービスであるMS ActiveSource®を発表。
2002年
  • バイオジェン、ノースキャロライナ州のリサーチ・トライアングルパークに90,000リットルの大規模の製造工場を開設。
  • 同社は、ケンブリッジに初のコミュニティラボ(Community Lab)を開設。この教育施設は、体験型の科学学習や地域の中学校や高校の学生に科学系の職業についての情報を提供。
2003年
  • バイオジェンは、デンマークの新たな製造施設に着工。
  • バイオジェンとIDECが合併し、バイオジェン・アイデック(Biogen Idec)(NASDAQ:BIIB)となる。
2004年
  • FDAは、再発型の多発性硬化症の患者さんの治療用の単剤療法であるバイオジェンのナタリズマブを承認。
  • バイオジェン・アイデック、スイスのツークに新たな国際本社を開設。
2005年
  • バイオジェン・アイデックと提携会社であるエラン製薬会社(Elan Pharmaceuticals)は、重篤な副作用である進行性多巣性白質脳症(PML)の確定診断例1例および発症疑い例1例の発生後、自発的に市場でナタリズマブ製剤を販売中止。同副作用は稀であるが、重篤な脳感染で死や重症の障害をもたらす。
2006年
  • バイオジェン・アイデックの徹底的なナタリズマブの再評価とFDA諮問委員会の審査後、FDAは市販用に同薬剤を再承認し、米国での治療は再開され、欧州連合では、PMLの警告を付けて再販売された。
  • バイオジェン・アイデックがフマファームを買収 この欧州企業は、最終的に再発型の多発性硬化症の治療法であるフマル酸ジメチルの承認につながる技術を開発。
2007年
  • バイオジェン・アイデックは、2つの血友病治療法の開発につながる、シントニックス製薬会社(acquires Syntonix Pharmaceuticals)を買収。
2009年
  • バイオジェン・アイデックは、米国国外でのファンプリジン(Fampridine)の商品化のためにアコーダ・セラピューティクス(Acorda Therapeutics )からライセンス供与を受ける。2011年に、バイオジェン・アイデックは、欧州で成人の多発性硬化症の歩行を向上する治療法としてファンプリジンの承認を受ける。
  • バイオジェン・アイデック財団(Biogen Idec Foundation)は、ノースキャロライナ・バイオテクノロジー・センター(North Carolina Biotechnology Center)に、科学教育において今日に至るまでに最大の100万ドルの助成金を発表。
2010年
  • バイオジェン・アイデックは、神経学、免疫学、血友病の分野での新たな治療に焦点を当てる事業戦略に刷新。
  • FDAは リツキシマブを併用した化学療法を慢性リンパ性白血病の治療に承認。
  • バイオジェン・アイデックは、ライセンス供与契約をノップ・ニューロサイエンシズ(Knopp Neurosciences)と締結。同社は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療のために投資している化合物であるデクスプラミペキソール(dexpramipexole)をもたらす。
2011年
  • バイオジェン・アイデックの事業開発部は、自己免疫疾患の経口治療、およにおいてポルトラ・ファーマシューティカルズ(Portola Pharmaceuticals)と、バイオ後続品において現在サムスン・バイオエピス(Samsung Bioepis)と呼ばれる共同事業を形成するためにサムスン・バイオロジックス(Samsung Biologics)と契約を締結。
  • 深く思いやるボランティアの日(Care Deeply Volunteer Day) この毎年恒例のサービスの日には、世界中で何千人ものバイオジェン・アイデックの社員がホームレスの人々に食事を提供、衣服提供活動を企画、公園の清掃に参加したり、青少年センターを修理するなど他にもいろいろな活動をおこなっている。
2012年
  • バイオジェン・アイデックは、筋萎縮性側索硬化(ALS)の治療のための新たなアプローチを特定するための新しい研究コンソーシアムの設立を支援。
  • バイオジェン・アイデックは、米国血友病財団(National Hemophilia Foundation)米国血栓止血ネットワーク(American Thrombosis and Hemostasis Network)およびピュージェットサウンド血液センター(Puget Sound Blood Center)と協力して、血友病の患者の方々とその家族に無料で遺伝子検査を提供する全国的プログラムにおいて協力。
  • バイオジェン・アイデックは、脊髄性筋萎縮症(SMA)、筋ジストロフィー1型及び神経学的/神経筋疾患の治療における新たなアプローチの特定にISISファーマシューティカルズ(Isis Pharmaceuticals)との提携を発表。
  • 線維症と臓器不全の革新的な治療に重点を置くバイオテクノロジー企業、ストロメディックスを買収。
2013年
  • バイオジェン・アイデックは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療のために研究が行われているデクスプラミペキソールの不本意な第3相試験の結果を発表。この試験は、デクスプラミペキソールがALSの進行を遅れさせないことを明らかにした。
  • 再発型の多発性硬化症のための新たな経口治療薬であるフマル酸ジメチルが米国、カナダ、オーストラリアにで承認。1年後に欧州でも承認される予定。
  • バイオジェン・アイデックは、エラン社の子会社であるエラン・ファーマシューティカルズ・インターナショナル(Elan Pharmaceuticals International, Ltd.)からナタリズマブの全ての権利の買収を完了。
  • FDA、慢性リンパ性白血病治療薬(オビヌツズマブ)を承認。バイオジェン・アイデックは、オビヌツズマブにおいてロシュ・ファーマシューティカルズ(Roche Pharmaceuticals)の完全子会社であるジェネンテック(Genentech)と提携。
  • バイオジェン・アイデック、本社を数年間のマサチューセッツ州ワトソンから同州ケンブリッジに移転。
  • 新たな提携には、自己免疫性皮膚疾患強皮症の治療における同意が含まれる。ガラパゴスNV(Galapagos NV)の子会社であるバイオフォーカス(BioFocus)との提携、及び神経疾患の治療におけるIsisファーマシューティカルとの提携が含まれる。
2014年
  • FDAはCoagulation Factor IX(組み換え)、Fc Fusion Protein] (血友病B用)及び[Antihemophilic Factor (組み換え)、Fc Fusion Protein](血友病Antihemophilic Factorを承認。これらの疾患においておよそ20年ぶりの新たな治療法の進歩である。
  • 再発性の多発性硬化症(MS)の治療のためFDAにより、欧州連合では寛解型MSにペジンタフェロンβ-1Aが承認される。
  • ソビ(Sobi)との協力によって、バイオジェン・アイデックは、今後数年間にわたって発展途上国で人道救援活動に10億国際単位(IU)の凝固因子製剤を寄贈する意向を表明。
  • また、サンガモ・バイオサイエンシズ(Sangamo BioSciences)との以上ヘモグロビン症の治療学における協力及びエイザイとのアルツハイマー病治療の共同開発、商品化の提携契約を締結。
2015年
  • 社名を、元の社名である バイオジェンに変更。
  • バイオジェンは、英国に本拠を置く臨床段階バイオ医薬品会社であるコンバージェンス。ファーマシューティカルズ(Convergence Pharmaceuticals)を買収、神経障害性疼痛のパイプライン候補のポートフォリオに追加。