2013年05月23日

報道関係各位

バイオジェン・アイデック・ジャパン、多発性硬化症(MS)の啓発活動について 5月29日は「世界MSの日」~初めて大型映像メディアを利用し、全国規模で実施  近年、日本でも患者数が増加、20年で約5倍

バイオジェン・アイデック・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レスリー・フォスブルック)は、毎年、「世界多発性硬化症 (Multiple Sclerosis:MS)の日」の主旨に賛同し、啓発活動などの支援活動を行っています。その一環として、本年の5月29日には、全国7地域(東京、札 幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡)、計14箇所の街頭大型映像メディアを利用し、初めて全国規模での活動を実施いたします。2009年に多発性硬化症 国際連合が5月の最終水曜日を「世界MSの日」に制定以来、当社では社員が都内数か所でMS情報提供カードを通行人に配布し、MSに対する理解を深めても らう活動を行ってきました。今年は、従来の活動に加えて、大型映像メディアを利用し、より多くの一般の方にMSを知っていただく機会を増やし、多発性硬化 症に対する理解を呼び掛けます。

また、当社では2010年に多発性硬化症の症状や障害を抱えながらも明るく前向きに生活されている患者さんを支援し、その思いや行動に対して表彰を 行うプログラムを創設しました。今年は、日本MS協会の後援を得て、「DREAMS Award 2013第3回フォト&エッセイコンテスト」を開催。5月18日には、岩手県、石川県、和歌山県、大阪府、広島県より5名の入賞者をお迎えし、都内で表彰 式を行いました。

難病情報センターによると、多発性硬化症の特定疾患医療受給者証交付件数は、1989年の3,213件から、2011年には16,140件と、約5 倍に増えています。同疾患は、病巣の部位によって症状が異なり、多くの例で再発と寛解を繰り返すのが特徴で、早期発見と早期治療が重要です。

当社は、「患者さんとその家族の毎日をより良くすること」を使命とし、この「世界MSの日」の趣旨に賛同し、今後も多発性硬化症およびMS患者さんに対する認知および理解度の向上を図ってまいります。

MSは厚生労働省によって特定疾患(=難病)に 指定されている病気で、若年成人に多く見られる中枢神経系の慢性疾患です。現在、日本では、約16,000人がMSと診断されており、世界中には200万 人を超える患者さんがいます。日本での有病率は10万人あたり7.7~15.0人と推定され、過去30年間上昇傾向にあります。
MSに罹患する可能性は誰にでもありますが、疾患の特徴としていくつかのパターンが見られます。発症は男性よりも女性に多く、一般的に15歳から60歳の 間に発症します。MSでは中枢神経系の神経線維を保護するミエリン鞘(髄鞘)が損傷を受け、それによって脳から身体への神経伝達が妨げられます。症状とし ては視覚障害、運動麻痺、歩行障害、感覚鈍麻、排尿障害などがあります。
MSを完全に治す治療法はまだ発見されていません。しかし現在では、病気の進行を遅らせ、再発を予防する治療薬があり、早期治療がとても重要です。

MSという疾患についてあらゆる人々に広く認知 を図り、また、世界各国の患者さんや家族、彼らを支える組織や医療関係者が密接に連携し、より良いコミュニティの形成を支援することを目的に、毎年5月の 最終水曜日を「世界MSの日(World MS Day)」として、2009年、多発性硬化症国際連合によって制定されました。毎年、世界60ヵ国以上の国々で、200を超える支援イベントが実施されて います。 

バイオジェン・アイデック(Biogen Idec, Inc., NASDAQ: BIIB, 本社:米国マサチューセッツ州)は、最先端の科学および医学を通じ、神経変性疾患、血友病、自己免疫疾患の治療用の革新的治療法を発見、開発し、世界中の 患者に提供しています。当社は1978年に創立され、世界で最も古い独立したバイオテクノロジー企業です。世界中の患者が当社の優れた多発性硬化症治療薬 の恩恵を受けており、年間の売上高は50億ドル以上です。

バイオジェン・アイデック社: www.biogen.com

その他のプレスリリース