2015年11月12日

本資料は、米国Biogenが 2015年10月12日(現地時間)に発表しましたプレスリリースの日本語訳を参考資料として発表させていただくものです。従いまして、必ずしも日本の状況を反映したものでないことをご了承ください。内容につきましては原本である英文が優先します。

世界血友病連盟が人道支援プログラムの拡大を発表 -Biogen、Sobi、および世界血友病連盟の協働で 血友病治療における持続的な人道支援活動を実現-

2015年10月12日、セネガル ダカール発――Biogen (NASDAQ:BIIB)、Swedish Orphan Biovitrum AB(publ)(Sobi)(STO:SOBI)および世界血友病連盟(WFH:World Federation of Hemophilia)は、途上国への血友病治療支援物質の第一便が各国の治療センターに届き始めたことを発表しました。これは、途上国の血友病患者さんに向けて最大規模となる人道支援活動の一環として行われるものです。

この寄付事業は、WFHに対し、5年間で最大5億単位の血友病治療薬を無償提供し、同団体の人道支援活動の拡充に貢献するものです。この活動は、開始以来20年にわたって、主に途上国の血友病患者さんの治療と支援に尽力してきました。今回の取り組みは、10年間で10億IU(国際単位)の血友病治療薬の提供を約束する、BiogenとSobiによる人道支援事業の第一弾です。

血友病は稀な慢性遺伝性疾患で、血液凝固機能に異常が生じます。WFHの寄付プログラムは、途上国における血友病治療の改善につながる、持続可能な人道支援モデルを構築することを目的として計画されています。これらの国や地域では、診断や治療機会が限られているため、重度の血友病患者さんの場合、成人まで生きることが難しくなります。今回の寄付事業は、支援を必要とする国に対する治療供給を予測し、かつ持続的に行うことを目的としており、治療にあたる診療所が人道支援に特化した医薬品等を受け取るのは今回が初めてとなります。本寄付事業の第1回目の対象国はセネガル、ケニヤ、フィリピン、ドミニカ共和国、ウズベキスタン、ヨルダン、エジプト、モロッコ、パキスタン、エルサルバドル、インドネシア、ガーナ、ミャンマー、インド、スリランカ、ナイジェリアです。

WFH人道支援プログラム部長であるAssad E. Haffarは次のように述べています。「途上国の血友病患者さんの多くは成人まで生きることができません。そして、生きられたとしても重度の障害と慢性的な痛みを伴う生活を送らなければなりません。これらの国々で血液凝固因子製剤が入手できないということは、公衆衛生上も非常に重大な問題となっているのです。」

WFH会長Alain Weillは次のように述べています。「WFHは現在、より大規模で予測可能な寄付事業を通じて人道支援プログラムを拡大することにより、緊急の支援を必要としている国や地域における医療をさらに持続可能なものとし、改善していくための土台作りを担う立場にあります。」

WFHによると、世界の血友病患者数は約400,000人と予測され、うち300,000人を超える人々は、診断および治療機会の乏しい地域に住んでいます。BiogenおよびSobiによる今回の取り組み、またWFHへの安定的な治療薬の供給によって緊急時や急性出血時の治療、待機手術が受けやすくなり、さらに子どもたちの血友病予防にも役立つ可能性があります。

Biogen医薬品事業部長兼技術部長John Coxは、次のように述べています。「WFHは、過去20年にわたって途上国の血友病患者さんの治療改善に大きな進歩をもたらしました。私たちは彼らの活動を支援出来ることを誇りに思っています。今回の取り組みは我々とWFHの協力事業における重要な試金石です。今後は、持続可能な人道支援モデルの構築のために多くの企業団体等の協力を得たいと考えています。」

Sobi社長兼最高経営責任者Geoffrey McDonoughは次のように述べています。「私たちは、医療改革は国際貢献であると考えています。国際的な医療格差の是正に取り組み、WFHが目標とする全患者さんの治療を支援することによって、世界中の血友病患者さんに有意義な変化をもたらしたいと考えています。」

世界血友病連盟について

世界血友病連盟(WFH)は50年以上の歴史を持つ国際非営利団体で、血友病その他の遺伝性出血性疾患患者の生活改善のために尽力してきました。1963年の設立以来、世界127か国で国際的な患者団体のネットワークを構築し、世界保健機関からの正式認定を受けている団体です。詳しくはwww.wfh.orgをご覧ください。

BIOGENについて

最先端の科学と医学を通じて、Biogenは神経変性疾患、血液疾患、自己免疫疾患の革新的な治療法の発見および開発を行い、世界中の患者様に提供します。1978年に設立されたBiogenは、世界で最も長い歴史のある独立したバイオテクノロジー企業の一つであり、多発性硬化症と血友病の治療法における先進性と革新性で世界中の患者様に貢献しています。製品ラベル、プレスリリース、同社に関するその他の情報については、www.biogen.comをご覧ください。

SOBIについて

Sobiは希少疾患に特化した国際的な医療会社です。患者様の生活を向上させる革新的な治療とサービスを開発し、提供することを使命としています。製品ラインナップは主に血友病、炎症および遺伝性疾患を対象としています。また、欧米、中東、北アフリカおよびロシアの提携会社の希少特定疾患用製剤を販売しています。Sobiはバイオテクノロジー分野のパイオニアであり、タンパク質生化学およびバイオ医薬品製造において世界クラスの能力を有しています。2014年のSobiの収益は26億スウェーデンクローナ(3.8億米ドル)、従業員数は約600人でした。株式(STO:SOBI)はNASDAQ OMXストックホルムに上場しています。詳細は、www.sobi.comをご覧ください。

 

その他のプレスリリース

  • 2015年11月12日プレスリリース 新たなデータが、多発性硬化症の新規診断患者および初期段階の患者におけるTECFIDERA®(フマル酸ジメチル)の強力な持続的効果を証明
  • 2015年10月16日プレスリリース バイオジェンとSobi、血友病A治療薬としてELOCTA™(rFVIIIFc)のEUにおける承認勧告をCHMPより取得
  • 2015年10月16日プレスリリース Biogen、「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス」において2年連続でバイオテクノロジー産業の世界トップ企業に選出
  • 2015年08月05日プレスリリース バイオジェン、アルツハイマー病治療薬候補aducanumab(BIIB037)第1b相試験の新たな解析結果を国際アルツハイマー病会議2015(AAIC®2015)において発表
  • 2015年08月04日プレスリリース 長時間作用の血友病B治療薬オルプロリクス 乳幼児向けの最小規格「オルプロリクス®静注用250」を発売