バイオジェンでの血液領域の研究では、遺伝子組み換え凝固因子VIIIおよびIX単量体Fc融合タンパク質を発見し、それぞれを血友病AとBの治療改善に対する臨床開発へと進めました。これは当社の中核的な血液系リサーチグループで成し遂げたものです。これらの分子に対する私たちの最初の評価を踏まえ、当社の科学者は構造活性相関の知識を引き続き向上させるとともに、半減期の延長および耐性/免疫原性を生み出すための作用機序に対する理解をより深め続けています。 

当社のグループは、血友病治療に対する新たな治療法を引き続き研究しており、FVIIIの半減期をさらに延長するという最初の焦点とともに、現在の治療オプションに対して中和抗体(阻害因子)を発症した血友病AおよびBの患者さんのための革新的な治療法を生み出しています。現在、私たちのリサーチはさらに鎌状赤血球病やベータサラセミアなどの非悪性血液学の関連分野へと拡大しています。

当社の取り組みのすべてにおいて、私たちはこれらの疾患領域での生理学的相互作用をさらに理解し、当社のタンパク質工学と薬剤開発研究をよりうまく進められるよう、先進技術と薬理学的研究の組み合わせを対象となるモデルに対して応用することに努めています。学術グループおよび業界グループとの積極的な協力は必要不可欠です。これらのグループによって、まだ満たされていない高い医療ニーズを持つ血液疾患のケアを変えるという当社の目標を達成させるとともに、最先端技術の適用と広範囲のアイデアを網羅することができるようになります。