バイオジェンにおける免疫領域では、自己免疫疾患、炎症、線維性疾患の背後にある免疫系の研究に重点を置いています。私たちの目標は、生物学的製剤や低分子薬の開発でそれらの分子の特性と作用経路を明らかにすることです。この分野でのリサーチは、病理的解析、新しい標的発見モデルの開発、疾患機序の解明、疾患および薬物活性に対する新規バイオマーカーの開発をとおして、作用分子の役割、作用経路、および細胞タイプの役割を研究することに重点を置いています。プロテオミクス、ケモプロテオミクス、ハイコンテントシステムの手法などの最先端の実験的方法を用いて、分子から生物レベルまで研究されます。