バイオジェンでの神経領域の研究では、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、多発性硬化症(MS)などの、深刻な神経学的疾患および神経変性疾患のための新しい治療方法を見い出すことに焦点を合わせ、治療薬の候補物質をできるだけ安全、迅速、効率的にヒト臨床試験へ移行させることを目的としています。

当社および数多くの学術的パートナーは、ヒト幹細胞モデル、機能細胞ベースのスクリーニング、遺伝子ネットワーク、遺伝子発現解析、耐病性神経細胞集団試験を利用し、標的発見と検証に主要な焦点を合わせています。私たちは、最適モデルにおける標的候補を機能的に立証し、それらのヒト疾患への関与を示すエビデンスを追求します。

続いて、私たちバイオジェンの全社員は、救済しようとする患者集団の協力のもと最適な治療法(低分子、アンチセンスオリゴヌクレオチド、抗体、生物学的製剤)を検証します。臨床で的確に使用していただけるために、各段階の検証は高レベルな生物学的メカニズム研究と厳密な検査に基づいて行われています。