日本での社会貢献活動

日本科学未来館との協働によるサイエンス教育プログラムの実施

2017年より、日本科学未来館との共催で、中高生向け実験イベント「遺伝子ラボ」を開催しています。遺伝情報を効率よく書き換えることができる「ゲノム編集技術」は治癒することが難しい疾患の根本治療の開発につながると期待が高まる一方で、どこまでが許容されるかについて、社会的な検討が急務となっています。遺伝子組換え実験に加えて、ゲノム編集技術も含めた遺伝子操作に対しての課題や、新しい科学技術が社会にもたらす影響について考えます。

本イベントは、バイオジェンの米国本社が2002年から実施している「コミュニティラボ」での実験プログラムを導入し、日本の中高生に適するように企画しています。

Care Deeplyボランティア活動

日本法人でも米国本社の定めるボランティア活動日にあわせ、ドナルド・マクドナルドハウスでのミールプログラムや清掃などのボランティア活動、ならびに日本の本社がある日本橋地区の清掃を実施しています。