多発性硬化症(MS)

バイオジェンは、四半世紀以上にわたり、多発性硬化症(MS)の治療薬開発を牽引してきました。私たちは、MSの治療法を前進させ、患者さんにより良い治療成果をもたらすために革新な研究を継続していきます。バイオジェンの研究は、MSに起因する神経損傷の修復の可能性を含む疾患を変える治療の可能性に注力しています。現在進行中の神経変性と神経修復に関する研究は、MSの治癒に向けて、さらなる新たな治療選択肢の開発をリードしていくでしょう。

同時に、バイオジェンは有力な学術機関やMSの医療機関と協力し、新たな方法でのMSの診断、検査や治療マネジメントの向上を目指しています。また、MS治療の理解、評価方法や治療マネジメントをより進めるべく、新技術を活用した革新的なプログラムやツールの開発を行い、個人の詳細な情報をもとにした医療の実現に向けて前進しています。バイオジェンは提携するパートナーとともに、MS治療の向上を目指して、医師や患者さんが、より確かなエビデンスに基づき、個別化された治療の決定を下せるよう努力しています。

バイオジェンの革新的な共同研究は、バイオマーカーやウェアラブルセンサーなどの技術と、日常の治療から得られる実臨床データを融合し、個別化治療の推進に役立つ、標準化された高品質なデータの創出を目指しています。

MSの進行の予測因子はあるのか、あるいは十分早期に特定の治療を行うことでつえや車椅子が必要となる時期や重要な機能の低下を遅らせることができるのか、また患者さんの長期的な利益となり得るのか。そういった重要課題の研究のために、私たちは世界最大規模のMSデータベースを構築し、この疾患を研究しています。

MS分野におけるバイオジェンの現在の取組みは、治療の範疇を大きく超える部分まで注力することを目的としており、これはこの疾患に対する理解を深めるために不可欠なものであると考えています。

 

治療法

今日、バイオジェンの業界トップレベルの製品ラインアップは、MSとともに生きる皆さんに生涯にわたって生じる多様なニーズに対応しています。

バイオジェンは、海外において5つの疾患修飾薬および1つの対症療法薬を、日本においては3つの疾患修飾薬を発売しており、MS治療において業界随一の製品を提供しています。

日本で提供しているバイオジェンのMS治療薬についての詳細はこちら:

 

パイプライン

バイオジェンは常にMSとその治療法のさらなる解明に取り組んでいます。これには、ヒト遺伝学を活用した病気の進行原因の解明、損なわれた神経を修復し既存の障害の改善を目指す新たなアプローチの研究、進行型のMSの治療法の研究が含まれています。

バイオジェンの治験中の候補薬についての詳細はこちら