2019年12月03日

バイオジェンが神経科学領域に特化した
医療情報ポータルサイト「neurodiem
(日本版)」の提供開始

バイオジェン・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:アジェイ スレイク、以下バイオジェン・ジャパン)はこのたび、神経科学領域に特化した医療情報ポータルサイト「neurodiem(日本版)」の提供を開始いたしましたのでお知らせします。

「neurodiem(発音:ニューロディエム)」はバイオジェンがサポートするサービスの一つで、すでにフランス、ドイツをはじめとする世界8か国で展開しています。この度日本版サイトが完成しましたので、日本の神経科学領域の医療関係者の方々にもご案内をさせていただく次第です。

本ポータルサイト内のコンテンツは、バイオジェンからは独立した第三者機関のサイエンス・ライターおよび編集パートナーにより提供され、独立した委員会により審議・統制されています。委員会が認識しているニーズや全ての神経科学の専門家との関連性に基づいてコンテンツを選定し、制作しています。いかなるバイオジェン社員もコンテンツを選定、提供、修正、変更することはありません。

2019-12-03-press-realease-01.png

「neurodiem」について
「neurodiem」は神経科学の主要な18のテーマを網羅しています。「頭痛、認知能力、認知症、疼痛、てんかん、遺伝性疾患、イメージング、運動障害、神経筋疾患、神経外科、神経腫瘍、小児神経、神経眼科、救命救急、脳卒中、リハビリテーション、多発性硬化症、睡眠」です。「neurodiem」 は脳、神経科学、脳卒中、アルツハイマー病の研究及び治療を含む国際的に著名なジャーナル25誌以上の記事全文へのアクセスが可能です。全ジャーナルリストはサイトに掲載しています。neurodiemは神経科学に特化した更新情報を毎日多数、提供しています。

「neurodiem」は3つの主要な要素で構成されています。
1)ニュース
神経科学領域のサイエンスや技術の進歩に関するコンテンツを選定。神経科学専門家で構成される独立した科学委員会に属するサイエンス・ライターおよび編集パートナーによりコンテンツを提供します。国際的に著名なジャーナル25誌以上の全文記事を掲載しています。

2)スペシャルトーク
国際的にリーダー的な存在であるドクターや科学者からの神経科学に特化した講演やプレゼンテーションを提供しています。

3)学会レポート
神経科学領域で選定された主要な国際・国内学会のハイライト。(AAN、EAN、 AAIC、IHC、EANO、ECTRIMSなど)

neurodiem.jp
※概要ページはご覧いただけますが、登録は医療関係者限定となりますのでご了承願います。

「neurodiem(日本版)」の提供を開始したバイオジェン・ジャパンの代表取締役社長 アジェイ スレイクは、「未だに治療法がない、治療法があっても選択肢が極めて限られている神経科学の領域における医療の進歩は喫緊の課題であると考えています。日々多忙な神経科学領域の医療関係者が、当該領域の世界最先端の医療情報にアクセスしやすいツールを提供することで、この領域の医療が一日も早く進歩することを願ってやみません。神経科学領域に特化し、創薬を通じてこの領域をリードする製薬企業として、患者さんの治療成果ならびに日常生活の質を向上することができるよう、これからも努力を継続してまいります」、と話しています。

バイオジェンについて
神経科学領域のパイオニアであるバイオジェンは、最先端の医学と科学を通じて、重篤な神経学的疾患、神経変性疾患の革新的な治療法の発見および開発を行い、その成果を世界中の患者に提供しています。1978年にチャールズ・ワイスマン、ハインツ・シェイラー、ケネス・マレー、ノーベル賞受賞者であるウォルター・ギルバートとフィリップ・シャープにより設立されたバイオジェンは、世界で歴史のあるバイオテクノロジー企業であり、多発性硬化症の領域をリードする製品ポートフォリオを持ち、脊髄性筋萎縮症の最初の治療薬を製品化いたしました。また、多発性硬化症および神経免疫疾患、アルツハイマー病および認知症、運動障害、神経筋障害、急性神経疾患、神経認知障害、疼痛、眼疾患といった神経領域の研究においても最先端の活動を展開しています。バイオジェンは生物製剤の高い技術力を活かし、高品質のバイオシミラーの製品化にも注力しています。バイオジェンに関する情報については、https://www.biogen.com/ およびSNS媒体Twitter , LinkedIn , Facebook , YouTube をご覧ください。

バイオジェン・ジャパンは、米国バイオジェンの日本法人です。世界でも有数の歴史のある独立系バイオテクノロジー企業の日本法人として、日本では2000年より事業を展開しています。「神経科学の不可能を、可能に。」をビジョンに掲げ、日本の患者さんにも革新的な医薬品やより良い治療環境を提供すべく活動を展開しています。バイオジェン・ジャパンに関する情報については、https://www.biogen.co.jp/ 、およびSNS媒体Twitter, Facebook, Instagram, YouTubeをご覧ください。

Biogen-35325

その他のプレスリリース

  • 2019年12月16日バイオジェン、進行性核上性麻痺(PSP)を対象とする第II相試験のトップライン結果を報告
  • 2019年12月10日バイオジェン、多発性硬化症(MS)をテーマに長編映画制作を発表 ~目に見えない症状がある疾患への理解促進とMSであってもその人らしい人生を歩む励みにしていただくことを目的に制作~
  • 2019年12月10日バイオジェン、皮膚エリテマトーデス(CLE)および全身性エリテマトーデス(SLE)を対象とする第II相試験のポジティブな結果を発表
  • 2019年12月06日バイオジェン、多発性硬化症(MS)の認知向上活動として第2回「『わたしの多発性硬化症』写真展」を公開 ~多発性硬化症(MS)と向き合い、自分らしく 生きる方々を映し出す~
  • 2019年10月22日アデュカヌマブ 臨床第III相試験で得られた大規模データセットの新たな解析結果に基づき、アルツハイマー病を対象とした新薬承認申請を予定