2021年06月22日

オリィ研究所が6月21日、

日本橋EASTエリアにオープン
バイオジェン、「分身ロボットカフェ」

常設実験店に特別協賛

~外出困難な方の就労の機会を応援~

バイオジェン・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:アジェイ スレイク、以下バイオジェン・ジャパン)は、株式会社オリィ研究所(本社:東京都港区、代表取締役 吉藤健太朗、以下オリィ研究所)の「分身ロボットカフェDAWN verβ(ドーン バージョンベータ)」常設実験店の企画趣意に賛同して特別協賛社の一社として協賛しております。この度、オリィ研究所が2021年6月21日に日本橋EASTエリアにオープンいたしましたことをお知らせします。

オリィ研究所は分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」の開発・提供を行っています。2019年には、難病や重度の障がいで外出困難な方が分身ロボットを操作して接客を行う「分身ロボットカフェ」企画を通じて仕事をする機会を創出してこられました。バイオジェン・ジャパンは、神経難病に対する治療薬を開発・販売しており、患者さんに治療薬を提供するだけでなく、患者さんが社会で活躍することにも応援すべく、その趣意に賛同して、今年6月にオープンする「分身ロボットカフェDAWN verβ」常設実験店企画に特別協賛することといたしました。

「神経難病の患者さんは、病気の症状等により、就学・就労に困難を抱える方が多くいらっしゃいます。分身ロボットOriHimeを体験した方々が、ご自身の人生に前向きになり、様々なことに次々とチャレンジしていく姿には、常に感銘を受けてまいりましたが、むしろ私どものほうがその姿に勇気づけられてきたように思います。『神経科学の不可能を、可能に。』をビジョンに掲げる弊社としては、一人でも多くの外出困難な方々に、分身ロボットによる就労を経験していただいて、新たなチャレンジにつながることを応援したいと考えています」とバイオジェン・ジャパンの代表取締役社長、アジェイ スレイクは話しています。

詳細は分身ロボットカフェに関するオリィ研究所のウェブサイトを
ご覧ください。
【分身ロボットカフェDAWN verβ常設実験店の詳細はこちらから】
https://dawn2021.orylab.com/

バイオジェンについて
神経科学領域のパイオニアであるバイオジェンは、最先端の医学と科学を通じて、重篤な神経学的疾患、神経変性疾患ならびにその関連疾患領域の革新的な治療法の発見および開発を行い、その成果を世界中の患者に提供しています。1978年にチャールズ・ワイスマン、ハインツ・シェイラー、ケネス・マレー、ノーベル賞受賞者であるウォルター・ギルバートとフィリップ・シャープにより設立されたバイオジェンは、世界で歴史のあるバイオテクノロジー企業であり、多発性硬化症の領域をリードする製品ポートフォリオを持ち、脊髄性筋萎縮症の最初の治療薬を製品化いたしました。また、多発性硬化症および神経免疫疾患、アルツハイマー病および認知症、運動障害、神経筋障害、急性神経疾患、神経認知障害、疼痛、眼疾患といった神経領域の研究においても最先端の活動を展開しています。バイオジェンは生物製剤の高い技術力を活かし、高品質のバイオシミラーの製品化にも注力しています。バイオジェンに関する情報については、https://www.biogen.com/ およびSNS媒体Twitter , LinkedIn , Facebook , YouTube をご覧ください。

バイオジェン・ジャパンは、米国バイオジェンの日本法人です。世界で有数の歴史のある独立系バイオテクノロジー企業の日本法人として、日本では2000年より事業を展開しています。「神経科学の不可能を、可能に。」をビジョンに掲げ、日本の患者さんにも革新的な医薬品やより良い治療環境を提供すべく活動を展開しています。

バイオジェン・ジャパンに関する情報については、https://www.biogen.co.jp/ 、およびSNS媒体Twitter , Facebook , Instagram , YouTube をご覧ください。

Biogen-119015

その他のプレスリリース

  • 2021年11月17日EUにおけるアデュカヌマブの承認審査状況について
  • 2021年11月12日ADUHELM™の臨床第Ⅲ相試験におけるアルツハイマー病の臨床症状の悪化抑制とバイオマーカーとの正の相関を示す新しいデータを第14回アルツハイマー病臨床試験(CTAD)会議において発表
  • 2021年11月12日レカネマブの臨床第Ⅱb相試験の臨床効果に関する新たな解析結果を第14回アルツハイマー病臨床試験(CTAD)会議において発表―複数の統計モデルによる評価で一貫した有効性を示す―
  • 2021年11月12日レカネマブの臨床第Ⅲ相試験(AHEAD 3-45試験)の対象者を同定する、初めての血漿中バイオマーカーによる被験者スクリーニングの導入について第14回アルツハイマー病臨床試験(CTAD)会議において発表
  • 2021年11月11日レカネマブの臨床第Ⅱb相201試験のコアならびにOLE試験より5年間にわたる臨床バイオマーカーと安全性データに関する最新の知見を第14回アルツハイマー病臨床試験(CTAD)会議において発表