2022年06月10日

本資料は、米バイオジェン社が 2022年6月6日(現地時間)に発表したプレスリリースの抜粋日本語訳として発表させていただくものです。内容につきましては原本である英文が優先します。

バイオジェン、Alectos Therapeutics社との
ライセンスおよび
提携契約締結を発表
パーキンソン病治療薬候補、新規GBA2阻害薬
AL01811を対象に

AL01811は前臨床段階の選択的GBA2阻害薬で、ファーストインクラスの可能性を有するパーキンソン病の経口の疾患修飾薬候補
Alectos社は1500万ドルの前払金を受領するとともに、今後の開発および製品化のマイルストーン達成に応じた支払いを受領する可能性も

米マサチューセッツ州ケンブリッジ、およびカナダ・ブリティッシュコロンビア州バーナビー、2022年6月6日 – バイオジェン(NASDAQ略称BIIB)とAlectos Therapeutics社(以下Alectos社)は、パーキンソン病(PD)患者さんの経口の疾患修飾薬として、ファーストインクラスの可能性を有する前臨床段階の選択的GBA2阻害薬AL01811の開発および製品化を目的とするライセンスおよび提携契約を締結しました。本提携により、Alectos社の低分子治療薬における専門性とバイオジェンの運動障害領域における開発力が結びつくことになります。

リソソームの機能障害がPDを含む神経変性疾患の病理に主要な役割を果たすことを示唆するエビデンスが集積しつつあります。低分子GBA2阻害薬は、リソソームのpH(水素イオン濃度)を減少させ、リソソームの機能に必要な酸性pHの維持に関わるリソソームプロトンポンプvATPase量を上昇させることが示されています。現在、PDの疾患修飾薬として承認された医薬品はなく、疾患進行の抑制を望む患者さんには大きなアンメットニーズがあります。AL01811が承認されれば、世界全体で約1000万人1が罹患するとされるPDを含む運動障害疾患の標準治療が改善される可能性があります。

バイオジェンで暫定的に研究開発の責任者を務めるPriya Singhalは次のように述べています。「今回のAlectos社との提携を通じて、私たちは疾患進行を抑制する可能性のあるファーストインクラスの経口治療薬候補の研究開発を前進させ、パーキンソン病患者さんの人生をより良くすることを願っています。バイオジェンは、運動障害のある患者さんの自立性とQOLを改善することでお役に立てる治療薬の推進を目指します」。

Alectos社の社長兼CEOのErnest McEachern, Ph.D.は次のように述べています。「Alectos社の低分子治療薬における専門性とバイオジェンのパーキンソン病における世界全体での開発力が結びつくことで、私たちはAL01811を必要とする患者様にお届けする体制を構築できると確信しています。また私たちは、パーキンソン病やより幅広い運動障害の標準治療を前進させるために、バイオジェンの製品化に関わる能力を活用できる機会を心強く思います」。

本契約の条件により、バイオジェンはAL01811および他の非公表の化合物に対する世界全体での独占的ライセンス権としてAlectos社に1500万ドルの前払金を支払います。さらに、本提携における特定のマイルストーン達成に応じて、開発マイルストーンとして最高7750万ドル、製品化に対して6億3000万ドルのマイルストーン支払いをAlectos社に行う可能性があります。またAlectos社は、1桁台後半から10%台半ばの段階的ロイヤルティを受領する資格を有します。今後両社はAL01811の前臨床段階の開発で協働し、AL01811が臨床開発に進んだ後は、バイオジェンが全ての開発、薬事、製造および製品化に関わる活動と費用に単独で責任を持ちます。

バイオジェンについて
神経科学領域のパイオニアであるバイオジェンは、最先端の医学と科学を通じて、重篤な神経学的疾患、神経変性疾患の革新的な治療法の発見および開発を行い、その成果を世界中の患者さんに提供しています。1978年にチャールズ・ワイスマン、ハインツ・シェイラー、ケネス・マレー、ノーベル賞受賞者であるウォルター・ギルバートとフィリップ・シャープにより設立されたバイオジェンは、世界で歴史のあるバイオテクノロジー企業のひとつです。バイオジェンは多発性硬化症の領域をリードする製品ポートフォリオを持ち、脊髄性筋萎縮症の最初の治療薬を製品化し、アルツハイマー病の病理に作用する最初で唯一の治療薬を提供しています。また、生物製剤の高い技術力を活かしてバイオシミラーの製品化を行い、業界内で最も多様な神経科学領域のパイプラインに注力し、進展させており、アンメットニーズが高い疾患領域の患者さんの治療水準に変化をもたらしています。

2020年、バイオジェンは、気候、健康、公平さが深く相互に関連する課題に対して、20年間に2億5000万ドルを投資する大規模な取組みを開始しました。Healthy Climate, Healthy Lives ™は、ビジネス全体で化石燃料の使用をゼロにし、著名な研究機関とのコラボレーションを構築して科学研究を進展させ、人類の健康を改善し、発展途上のコミュニティをサポートすることを目的としています。
バイオジェンに関する情報については、https://www.biogen.com/ およびSNS媒体Twitter, LinkedIn, Facebook, YouTubeをご覧ください。

Alectos Therapeutics社について
Alectos Therapeutics社は、神経疾患に対する新規の低分子治療薬の創薬と前臨床段階の開発におけるリーダーです。Alectos社は、アルツハイマー病やパーキンソン病を含め、効果的な治療薬が存在しない複雑な神経疾患に対する革新的な疾患修飾戦略を特定し開発することに注力しています。Alectos社に関するより詳しい情報はhttps://www.alectos.com/をご参照いただくとともにAlectos社のソーシャルメディア(Twitter, LinkedIn)をフォローしてください。

References:

1. Statistics, Parkinson’s Foundation. https://www.parkinson.org/Understanding-Parkinsons/Statistics

Biogen-171948

その他のプレスリリース

  • 2022年07月29日FDAがバイオジェンの希少な遺伝性ALSを対象とした治療薬候補の新薬承認申請を受理、優先審査に指定
  • 2022年07月20日「想いでつながる私の多発性硬化症俳句コンテスト」161句の中から、俳人 夏井いつき先生が審査した特選・秀逸10作品・佳作11作品を多発性硬化症サポートナビにて公開
  • 2022年07月06日抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「レカネマブ」について、迅速承認制度に基づく、早期アルツハイマー病に対する生物製剤ライセンス申請が米国FDAに受理され、優先審査に指定
  • 2022年06月09日Tofersenの12カ月の新データを欧州ALS治療学会(ENCALS)で発表SOD1-ALS患者さんに対して臨床的意義のあるベネフィットを示す
  • 2022年06月02日アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022「Make Impossible Possible(不可能を、可能に)」を伝えるアワード第3回 「バイオジェン・アワード」96歳で学校に通い始めた女性を描いた『素足の女王』に決定!