個人情報の保護について

医療関係者向け

患者さん、一般の方向け

安全性・品質に関する報告

 

プライバシーポリシー
(Web サイトご利用者の方々)

日付:2021 年3 月

本プライバシーポリシーは、バイオジェン・ジャパン株式会社(以下、「バイオジェン」または「当社」といいます)のウェブサイト(以下、「ウェブサイト」といいます)への利用者のアクセスおよびその利用に適用されます。ウェブサイトを利用することで、利用者は、本プライバシーポリシーを読み、これらの条件に同意したものとみなされます。本プライバシーポリシーに同意しない場合は、ウェブサイトを利用しないでください。

本プライバシーポリシーは、個人情報を保護し、個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」といいます)を遵守するために当社が策定したポリシーおよび手法を説明します。当社がどのような情報を収集するか、個人情報をどのように収集し、利用するか、誰にそれを開示するか、そして利用者は自分の個人情報をどう管理できるかを理解するため、本通知をよくお読みください。

当社は、プライバシーポリシーを変更する可能性があるため、本ページを定期的にご確認ください。当社が変更を公表した後にウェブサイトの利用を継続することは、利用者が変更後の条件を承諾したことを意味します。

個人情報取扱事業者

バイオジェン・ジャパン株式会社

住所:〒103-0027 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング 14階

代表取締役社長:ニコラス R. ジョーンズ

当社が収集する情報

当社は、当社が提供するサービスと製品についての情報を共有するためにウェブサイトを設けています。利用者がウェブサイトを閲覧するために利用したデバイスが何であっても、バイオジェンは、利用者の身元を特定する、または利用者への連絡や利用者個人の判別に利用できる一部情報を収集します(以下、「個人情報」といいます)。当社では、利用者が要求するサービスまたは情報を提供するため、もしくは利用者との各種取引を行うために、利用者の個人情報の収集が必要となる場合があります。利用者が個人情報を提供しない場合、当社は、サービスまたは情報を利用者に提供できない、もしくは利用者と商業上の契約を締結することができない場合があります。

当社は、以下の個人情報、または法律によって義務付けられている情報のみを収集します。

利用者が当社のウェブサイトを訪問するとき、当社は、以下の種類の個人情報を収集します:

(a)当社が利用者から直接収集する個人情報

当社は、利用者からウェブサイト記載のメールアドレスにお問い合わせいただいたとき、その他の方法で当社に情報を直接提供するときに、個人情報を利用者から直接収集します。以下は、当社が利用者から直接収集する可能性がある個人情報の例です:

  • 氏名
  • 連絡先情報(E メールアドレス、電話番号、FAX 番号、郵送先住所等)
  • ユーザー名とパスワード
  • 年齢・生年月日
  • 官公署発行の身分証明書番号
  • ご希望の連絡方法

・      職歴、学歴、資格、職業、専門分野等のビジネス情報

・      特定のオンラインサービスの管理に必要なその他の個人情報

(b)利用者が当社ウェブサイトを訪問するときに当社が収集するその他の情報

当社は、インターネットのタグまたはクッキー等の一般的な自動化データ収集技術(以下、「データ収集技術」といいます)を利用して、当社ウェブサイトがどのように利用されているかを評価し、利用者の体験を個別化し、利用者の関心に合わせたコンテンツを提供します。これを実施するため、当社は、利用者が当社ウェブサイトを訪問するときに利用者についての情報を収集します。例えば、利用者が当社ウェブサイトのページを要求するとき、当社サーバは、自動的に利用者のインターネットプロトコル(IP)アドレスを記録します。IP アドレスは、利用者がいつウェブを利用しても利用者のコンピュータを特定できるよう割り当てられた独自の番号です。当社は、IP アドレスを利用して、利用者が訪問するウェブページを知ります。このIP アドレスは、利用者を個人的に特定しませんが、利用者がウェブサイトを移動する際に利用者との通信を維持できるようにします。一般的に、これらの種類のデータ要素(以下、「その他の情報」といいます)は、利用者の身元を明らかにしたり、利用者またはその他の個人に直接関連付けられたりすることはありません。

以下はその他の情報の例です:

  • IP アドレス等のデバイスID
  • OS 等のブラウザおよびデバイス情報

・      ウェブサイト(参照URL またはドメイン等)への入口点および出口点、特定のウェブサイトのトラフィック統計、ページビュー、インプレッションといった「クリックストリーム」情報等の集積情報

・      クッキー、ピクセルタグ、本プライバシーポリシー下段に詳しく説明される、その他の技術を通して収集されるその他の情報。

(c)データエンハンスメント

さらに当社は、利用者についての情報を、一般的に利用可能な情報源、第三者から、および利用者の当社とのやりとりを通して直接利用者から収集する可能性があります。

個人情報の利用目的

  • 当社は、利用者の個人情報を以下の目的および方法で利用します:利用者との連絡のため(郵便、電話、FAX、E メール、携帯アラート、SMS のテキストメッセージ等)
  • 当社の新製品およびサービスを利用者に通知し、利用者に製品のニュースや最新情報、販促資料、ニュースレター、ヒント集やその他の有益な情報を提供するため
  • 製品およびサービスに関し利用者に意見を求めるため
  • 当社の規制遵守状況を監視するため
  • 利用者からの問い合わせや依頼、要求に対応するため
  • コンテンツを改善し、当社の通信を個別化するため
  • 利用者についてのプロフィールを作成し、利用者にふさわしい教育/啓発プログラム、協力機会を提案するため、または利用者からサービス提供を受けるため

データ分析を実施して利用傾向を特定し、当社販促キャンペーンおよびウェブサイト運営全般の有効性を判断するため等、当社独自の管理および品質保証目的

  • サービスレベルを向上するため
  • 本ウェブサイトで説明される場合があるその他の目的のため。

当社が利用者の個人情報を収集する場合、当社は、収集する個人情報の範囲およびその利用目的を通知するために適切な手段を講じ、かかる個人情報を記載された利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲でのみ利用します。

マーケティング   当社は、当社製品、サービス、企業について利用者に連絡するため、および利用者に相互関与機会(アンケート等)の案内を送るため等、マーケティング関連活動のために個人情報を利用する可能性があります。利用者は、各メッセージに含まれる「配信停止」リンクをクリックすることで、マーケティングに関するお知らせの配信を停止できます。

個人情報の他の人々との共有方法

利用者のプライバシーは、当社にとって非常に重要です。当社は、当社に様々な業務サービスを提供する第三者を含む、以下のリストに挙げられた特定の第三者に個人情報を開示する可能性があります。当社は、個人情報を売却しません。

(a)関連会社

当社は、個人情報を、プライバシーに関する本通知に説明されるマーケティング目的等の目的のため、また、世界中の当社顧客が当社に期待する優れた製品および消費者体験を消費者に提供するという当社の目標を叶えるために、当社の関連会社に開示する可能性があります。関連会社とは、当社の親会社であるBiogen Inc.が共同支配する会社です。

(b)第三者/サービスプロバイダー

当社は、当社に次のようなサービスを提供する第三者サービスプロバイダーに個人情報を開示する可能性があります:ウェブサイトのホスティング、情報技術サービスおよびこれに伴うインフラ、顧客サービス、E メール配信、監査その他の類似サービス等を含む専門的サービス。当社は、利用者が求めるサービス、または利用者がウェブサイト上で開始した機能を実行するために個人情報を第三者に開示する場合もあります。当社が利用者の個人情報にアクセスすることを第三者に許可する場合、第三者は、プライバシーに関する本通知と一致する目的のためのみアクセスを許可されており、適用されるデータ保護法に従って利用者の個人情報を保護するよう求められます。

当社は、医療関係者の個人情報を以下の通り共同利用することがあります。

サノフィ株式会社との共同利用

共同利用される個人データ項目

  • 氏名
  • 所属機関名、部署、役職名・肩書、メールアドレス

共同利用者の範囲

サノフィ株式会社

共同利用の目的

  • 合同セミナーで講師を依頼するため
  • 参加候補者である医療関係者に対して合同セミナーの案内をするため
  • 疾患啓発

個人データの管理責任者

バイオジェン・ジャパン株式会社

日本新薬株式会社との共同利用

共同利用される個人データ項目

  • 氏名
  • 所属機関名、部署、役職名・肩書、メールアドレス

共同利用者の範囲

日本新薬株式会社

共同利用の目的

  • 合同セミナーで講師を依頼するため
  • 参加候補者である医療関係者に対して合同セミナーの案内をするため
  • 疾患啓発

個人データの管理責任者

バイオジェン・ジャパン株式会社

エーザイ株式会社との共同利用

共同利用される個人データ項目

  • 氏名
  • 所属機関名、部署、役職名・肩書、メールアドレス

共同利用者の範囲

エーザイ株式会社

共同利用の目的

  • 合同セミナーで講師を依頼するため
  • 参加候補者である医療関係者に対して合同セミナーの案内をするため
  • 疾患啓発、医療用医薬品情報提供、治療支援、有害事象を含む安全性情報等の管理、製造販売後調査管理を行うため

個人データの管理責任者

バイオジェン・ジャパン株式会社

 

(c)法執行機関

特定の状況において、当社は、裁判所命令、召喚状、捜査令状、法律または規制に応じて利用者の個人情報を公開するよう求められる場合があります。当社は、開示請求者が受領する可能性のある個人情報の極秘性を理解するよう適切な措置を講じ、かかる要求に対応して協力する予定です。また、当社は、当社の規則に違反する、または個人に対して害のある、または当社に責任がある個人情報に対する不法または有害な行動に関与する利用者を調査、訴追する場合、法執行機関に協力する権利を有します。

その他の情報の利用または共有方法

当社は、法律で禁止されていない任意の目的のために当社が収集するその他の情報または補足情報を利用します。当社は、その他の情報を収集、蓄積、保管、公開、促進、報告、販売またはその他の方法で開示または利用する可能性があります。ただし、かかる情報は、利用者個人の身元を特定するものではありません。その他の情報または補足情報を、利用者の身元を特定できるようなやり方で個人情報に組み合わせる場合、当社は、その情報を個人情報として取り扱います。

個人関連情報の共有

当社において個人情報に該当しない利用者に関する情報(個人情報保護法上の匿名加工情報および仮名加工情報を除き、以下、「個人関連情報」といいます)を第三者に提供する場合、当該第三者の保有する情報と個人関連情報を組み合わせることで、当該第三者が利用者を特定可能となることが想定される場合には、当社は、当該第三者への個人関連情報の移転について、事前に利用者の同意が取得されていることその他法令上要求される事項について確認するものとします。

国際移転

グローバル企業として、バイオジェンは多くの国々で事業を展開しています。第三者またはバイオジェングループ内部のその他の企業への実施が許可されている個人情報の移転は、ある会社から別の会社へのデータの移転を含み、法律が利用者の国とは異なる保護を提供する国への移転を含む可能性があります。このような場合には、適用されるデータ保護法に従って、適切なデータ保護を確保するための適切な措置を講じます。

利用者は、当社に対し、バイオジェングループ企業その他の第三者が、利用者の個人情報について適切な取扱いを継続するよう、当社が講じている措置について、開示を要求することができます。

利用者のプライバシーの選択および権利

利用者の個人情報をバイオジェンが処理することに関し、利用者は権利を有し、以下の選択をすることができます:

オプトイン   個人情報を収集するウェブサイトで相互対話式のツールやサービスにアクセスする際、利用者は要求された情報の提供について事前に同意する選択をする(「オプトイン」する)ことが求められます。利用者は、常に、要求された個人情報を提供しないことを選択できます。

E メールの管理   バイオジェンに関する開発についてのE メールによる最新情報を受け取るよう希望することができます。後にこのようなE メールを受信したくない場合、電子通信チャネル内の「配信停止」リンクを使って、または「配信停止」という件名でE メールをprivacy@biogen.com 宛てに送信することで、そのような連絡先リストからメールアドレスを削除することができます。

クッキーの管理   ほとんどのウェブブラウザでは、ブラウザの設定を通じてクッキーを管理できるようになっています。利用者は、クッキーを受信したときに通知を受けるようブラウザを設定できます。その場合、クッキーを受け入れるか、受け入れないかを決定できます。ただし、クッキーを受け入れない場合、ウェブサイトが正常に機能しない場合があります。

個人情報の開示/訂正/追加/削除   利用者が、当社が維持管理する個人情報が不正確、不完全、誤解を招く恐れがある、不適切または古いことに気がついた場合や、自分の情報(利用者の個人情報自体、および、当社が適用のある法令に基づいて利用者の個人情報の第三者提供を行う際に作成する記録を含みます)の開示を受け、これを訂正、追加し、削除したい場合、または、一定の場合に個人情報の利用停止、消去または第三者提供の停止を請求したい場合、以下の連絡先までご連絡ください。当社は、要求された情報を提供するよう努め、適用されるプライバシー法その他の法律で許される範囲内で要求される変更を行います。いずれにせよ、当社は、合理的に可能な限り迅速に、利用者が要求される結果を伝えるために回答いたします。当社は、利用者からの何らかの依頼に対応する前に、利用者の身元を確認するための補足情報を提供するよう利用者に依頼する可能性があります。

データ収集技術、興味関心連動型広告および「トラッキング拒否」

データ収集技術   上述のようなIP アドレスの収集に加え、当社は、ウェブサイトで以下のような特定のデータ収集技術も利用する可能性があります:

クッキー   クッキーは、利用者のウェブサイト利用、およびオンライン行動についての情報を保存するために、利用者のコンピュータのブラウザやその他のウェブにアクセスするデバイスのディレクトリに設置される小さなテキストファイルです(以下、総称して「クッキー」といいます)。クッキーは一般的に、そのクッキーが由来したドメイン名(インターネット所在情報)、クッキーの「寿命」(いつ無効となるか等)、および通常は無作為生成された個別番号である値を含みます。ご利用のデバイスでのクッキーの設定の確認や、管理・削除方法等、クッキーに関する詳細については、後掲する資料A「データ収集技術の詳細」をご覧ください。

クッキーを受け取りたくない場合や、クッキーを受け取った際に管理したい場合は、クッキーの受け入れを拒否するか、クッキーが送信された際に警告を表示するようにブラウザを設定することができます。利用者は、クッキーを受け入れる必要はありませんが、クッキーを拒否するようブラウザを設定していると、ウェブサイトの一部の特長や機能が利用できなくなる場合があります。

インターネットのタグ  時々、当社は、インターネットのタグ(ウェブビーコン、アクションタグ、シングルピクセルGIF、クリアGIF、非表示GIF、1x1 GIF としても知られる)を当社ウェブサイトで使用する場合があります。

クッキーおよびインターネットのタグは、当社ウェブサイト全体の異なるページに設置されます。当社は、ウェブサイトへの反応を評価するためにもこれらを利用します。なお、当社の解析サービス提供業者を通してクッキーおよびインターネットタグを配置する可能性があります。

当社は、この技術を使用して、登録した利用者のウェブサイトへの応答を評価します。これには、特定のページを何回開いたか、どの情報が閲覧されたか、さらに本ページの使用率に関する測定が含まれます。当社は、タグを使用して、当社が送信したどのE メールメッセージが開かれたか、あるメッセージから行動が取られたかどうかの判断に役立てる場合があります。

ソーシャルプラグイン   ウェブサイトでは、利用者が情報を他の人々と簡単に共有できるようにするため、ソーシャルプラグイン(Facebook の「いいね」ボタン等)を利用する可能性もあります。利用者が当社ウェブサイトを訪問するとき、ソーシャルプラグインの運営業者は、これまでに当社ウェブサイトを訪問した個人をその運営業者が認識できるようにするため、利用者のコンピュータにクッキーを設置することができる場合があります。当社ウェブサイトを閲覧する前に関連するソーシャルメディアのウェブサイト(Facebook 等)にログインした場合には、ソーシャルプラグインは、ソーシャルメディアのウェブサイトが、利用者が当社ウェブサイトの特定ページを訪問したという情報を受け取ることを可能とします。ソーシャルプラグインは、当社ウェブサイト上のプラグインに(「いいね」や「シェア」のクリック等により)具体的作用を及ぼしたか否かにかかわらず、ソーシャルネットワークにログインしたすべての訪問者からこの情報を収集する可能性があります。ソーシャルプラグインは、そのソーシャルメディアのウェブサイトが、当社ウェブサイト上での利用者の行動についての情報を、そのソーシャルメディアウェブサイトの他のユーザーと共有することを許可する場合もあります。ソーシャルメディアのプラグインを通して共有される情報について詳しくは、各ソーシャルメディアのプライバシーポリシーをご参照ください。

オンライン広告

当社は、オンライン広告プログラムを管理するためにもデータ収集技術を利用します。これらの技術は当社の広告管理提携業者およびその他の第三者により提供されます。当社および当社の広告管理提携業者は、これらを使用してウェブサイトの利用者の行動を追跡し、当社のマーケティング活動の統計値を測定し、第三者のウェブサイト上に広告を出稿する可能性があります。

当社は、デジタル広告連合(DAA)によるオンライン行動ターゲティング広告の自主行動原則(以下、「行動原則」といいます)を支持します。これは当社が、興味関心連動型オンライン広告を目的として利用者のオンライン行動について長い時間をかけ第三者ウェブサイトを通して情報を収集することに関して、利用者が選択権を行使できるようにすることを意味します。これらの行動原則について詳しくはwww.aboutads.info/をご覧ください。

興味関心連動型オンライン広告の受け取りを「オプトアウト」したい場合は、www.aboutads.info/choices、またはhttp://www.networkadvertising.org/choices/にて詳細をご確認ください。興味関心連動型広告の受け取りを希望しないことを示す「オプトアウト」クッキーが利用者のデバイスに設置されます。利用者がデバイスからクッキーをすべて削除した場合は、再びオプトアウトする必要があります。

興味関心連動型広告の受け取りから「オプトアウト」することは、当社からの広告が表示されなくなることを意味するものではありません。これは、表示されるオンライン広告が興味関心に基づかなくなることを意味します。利用者が上述のリンクの1 つを通して興味関心連動型広告の受け取りから「オプトアウト」しても、これらのデータ収集技術は、解析目的等からウェブサイトの利用について情報の収集を続ける可能性があります。

広告主   当社は、広告主が当社ウェブサイト上に広告を表示することを許可しません。

トラッキング拒否(DNT)   当社は、一部ブラウザが提供するDNT 信号に反応しません。

当社のセキュリティに関する措置

当社は、ウェブサイトを通して提供または収集された個人情報の損失、不正使用、不正アクセス、開示、改ざんを防ぐために設計された合理的な保護機能を実装しています。残念ながら、いずれのシステムやオンラインデータ送信も100%の安全を保証するものではなく、利用者は自分の個人情報を保護するためにウイルス対策ソフトを最新の状態にしておく等適切なセキュリティ対策を常に講じる必要があります。

保管・保存

当社は、世界中に製品とサービスを提供しています。したがって、当社は、バイオジェンのサーバ、および当社が全世界でサービス提供のために雇用している第三者のサーバ上で個人情報を保管し処理します。これらのサーバは利用者がバイオジェンと連絡をとる国の外に設置されている可能性があります。個人データを処理することを当社が第三者に許す場合、当該第三者は、本プライバシーポリシーに適合する目的のために当該処理をすることを許されるにすぎず、また、当該第三者は、適用あるすべてのデータ保護法に従って個人データを保護すべきことを要求されます。

当社は、利用者の個人情報を、それが収集された目的を果たすために必要な期間中のみ保存します。

その他のサイトへのリンク

当社のウェブサイトでは、当社が利用者にとって有益で得るところが多いと考える第三者のウェブサイトへのリンクを提供する場合があります。当社は、これらのウェブサイトのコンテンツやサービスを支持・推奨するものではなく、これらの他のウェブサイトの運営者によるプライバシーの取扱いに責任を負いません。閲覧されるそれぞれのウェブサイトのプライバシーに関する通知に注意し、お読みになるよう推奨いたします。利用者がこれらの第三者のウェブサイトのリンクを利用する場合は、第三者のプライバシーポリシーが適用されます。当社は、他社と提携し、利用者に共同ブランド(「コ・ブランド」)に基づくコンテンツやサービスを、バイオジェンのロゴと提携企業のロゴの両方を表示したウェブサイトを使って提供する可能性があります。プライバシーに関する本通知とは異なる点があるため、共同ブランドのウェブサイトの各プライバシーポリシーをお読みください。

子供に関する通知

当社は、子供のプライバシーを保護することの重要性を認識しています。当社ウェブサイトは、子供向けではなく、子供の利用者を引きつけるために設計されてもいません。当社ウェブサイト、そのコンテンツおよび当社のサービスは18 歳を超える利用者を対象としています。18 歳未満の子供から身元を特定できる個人情報を、それと知りながら収集することはありません。利用者は、ウェブサイトで個人情報を開示するとき、当社に利用者自身が少なくとも18 歳に達していることを表明します。18 歳未満の利用者が個人特定可能な情報を当社ウェブサイトに任意提供している、または提供者が18 歳未満であると特定されている患者についての情報を任意提供しているとわかった場合には、当社は、かかる情報を有効なデータベースから削除します。

連絡先

バイオジェンによる個人情報の収集または取扱方法について懸念がある場合、または本プライバシーポリシーについてのご質問は、グローバルプライバシー事務局(privacy@biogen.com)までお問い合わせください。

手紙の宛先住所:

バイオジェン・ジャパン株式会社
〒103-0027
東京都中央区日本橋1-4-1
日本橋一丁目三井ビルディング 14階

資料A

データ収集技術の詳細

当社は、当社ウェブサイトで下記のクッキーを含む特定のデータ収集技術を利用する場合があります:

  • ファーストパーティクッキー – ブラウザウィンドウに表示されているウェブサイトによって設定されるクッキー – ブラウザウィンドウのアドレスバー内のドメイン名
  • セッションクッキー – ブラウザセッションの終了時に有効期限が切れるクッキーで、ユーザーがブラウザウィンドウを開いたときに開始となり、ユーザーがブラウザを閉じると終了します
  • パーシステントクッキー – ブラウザセッションの終了後もデバイスで「永続的」である(保管される)クッキーであるため、ユーザーがウェブサイトに戻ったときにユーザーの設定やアクションを呼び出すことを可能にします

これらのクッキーによって、当社は、利用者を当社ウェブサイトの他の利用者と区別することができ、本ウェブサイトのパフォーマンスや利便性、ユーザーエクスペリエンスの向上を図ることができます。当社ウェブサイトでクッキーを使用する理由は、以下のとおりです:

  • 使用者をウェブサイトの関連するセクションに移動させる
  • ウェブサイトが異なるブラウザやデバイスにおいて確実に一貫したスタイルを配信するようにする
  • ウェブサイトの複雑な領域が機能するようにする
  • ウェブサイトへの訪問についての集計数値を追跡し、ウェブサイトのパフォーマンス向上に役立てる

・      本ウェブサイト上で当社が使用する具体的なクッキーの種類およびその機能については、以下の表をご覧ください:

クッキーの種類

プライバシーへの影響/クッキーの挙動

Adobe Analytics

1. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。ホームページの表示回数の計上。閲覧のセッション終了時に無効化。

2. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。Adobe Analytics の識別子によりウェブサイトへの訪問を段階的に収集する。有効期限はなし。

3. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。閲覧のセッション中に訪問されたページの計上。閲覧のセッション終了時に無効化。

4. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。このAdobe Analyticsの識別子からセッション数を計上。有効期限はなし。

5. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。インバウンド参照を収集。閲覧のセッション終了時に無効化。

6. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。レポートジェネレータに訪問者の履歴と行動を送信する。有効期限はなし。

7. 個人の身元を特定できる情報を収集しない追跡コード。レポートジェネレータに訪問者の履歴と行動を送信する。閲覧のセッション終了時に無効化。

Adobe Experience Manager(AEM)プラットフォーム

1. 標準的なセッションクッキー、個人の身元を特定できる情報ではない。有効期限はなし。

2. 標準的なセッションクッキー、個人の身元を特定できる情報ではない。閲覧のセッション終了時に無効化。

3. ジェネリックシステムの識別子。

Google Analytics

追跡コードは個人の身元を特定できる情報を収集しないが、その他の情報に従って新しい訪問者を再訪者と区別するため、匿名の識別子を作成する。有効期限はなし。

Pingdomウェブサイト

監視サービス

ウェブサイトが有効であり機能していることを保証するための匿名ウェブサイト監視機能を、個人の身元を特定できる情報を一切収集することなく提供するサービス。

ほとんどのウェブブラウザでは、ブラウザの設定を通じてクッキーを管理できるようになっています。利用者は、クッキーを受信したときに通知を受けるようブラウザを設定できます。そうすると、クッキーを受け入れるか、受け入れないかを決定できます。ただし、クッキーを受け入れない場合、ウェブサイトが正常に機能しない場合があります。

どのようなクッキーが設定されているかを表示する方法、クッキーの削除方法等、クッキーに関する詳細は、www.allaboutcookies.org でご確認ください。

Google Analytics

本ウェブサイトはGoogle, Inc.(以下「Google」といいます)が提供するウェブ解析サービス「Google Analytics」を使用しています。Google Analytics は、クッキーを使用します。本ウェブサイトの使用についてクッキーが生成する情報は、通常は米国にあるGoogle のサーバに転送され、そこで保管されます。当社は、本ウェブサイト上で「インターネットプロトコルの匿名化」を有効にしているため、Google は、欧州経済領域内のある地点で利用者のIP アドレスを短縮してから米国に転送します。つまり、完全なIP アドレスが米国内のGoogle に転送されるのは、そこで短縮するための特別な事情がある場合のみです。

Google は、受け取った情報を使用して、利用者による本ウェブサイトの利用をバイオジェンのために評価し、ウェブサイト活動に関するレポートをまとめ、ウェブサイトの使用およびインターネットの使用に関するその他のサービスを提供します。Google Analytics の一部として利用者のブラウザが提供するIP アドレスは、その他のGoogle データと結合されることはありません。