2018年11月02日

バイオジェン創業40年記念「神経科学の不可能を、可能に。」を掲げたコミュニケーション活動

コーポレートビデオを刷新、地下鉄等での広告も展開

バイオジェン・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:アジェイ スレイク、以下、バイオジェン・ジャパン)は、米国バイオジェン・インクの創業40年を記念し、キャッチコピーに「神経科学の不可能を、可能に。」を掲げたコミュニケーション活動を、さまざまなチャネルを通じて展開いたします。新コーポレートビデオを自社ホームページ http://www.biogen.co.jp ならびに、東京メトロ銀座線の特別仕様車両内のビジョンで公開するほか、ビデオ内容をポスターとして当社本社オフィス直結の東京メトロ東西線、銀座線の日本橋駅構内にて掲示します。また、スマートニュースでも同ビデオを広告出稿いたします。

バイオジェン・インクは、1978年の創業以来、「ラボ(研究室)での研究成果を人に役立てる」ことを使命に掲げ、まだ治療薬のない神経科学領域の治療薬開発に邁進してまいりました。日本法人は多発性硬化症(MS)、脊髄性筋萎縮症(SMA)の治療薬を販売するとともに、米国本社と国際共同治験を行い、未だ治療法がない神経科学領域の難病や希少疾患に対し、新たな治療薬を日本でも世界に遅れることなく患者さんにお届けすることを目指し、日々努力を重ねております。

 

今回新たなキャッチコピーとして掲げた、「神経科学の不可能を、可能に。」は、バイオジェン・ジャパンが策定した今後5年間の日本法人としてのビジョンのキーステートメントです。コーポレートビデオではネイリストとして活動する上田菜々さん(脊髄性筋萎縮症(SMA)患者さん)の生きる姿勢や考え方をバイオジェンの事業理念を重ね合わせて構成しています。

 

 

主なコミュニケーション活動の展開

新コーポレートビデオ「神経科学の不可能を、可能に。」の公開
  ➣ 自社ホームページ http://www.biogen.co.jp にて、本日11月2日より公開
  ➣ 東京メトロ銀座線1000系特別仕様車両内のビジョンにて、11月4日まで公開
    ※当車両は40編成ある銀座線の車両のうちの2編成

●  「神経科学の不可能を、可能に。」ポスターの掲示
  ➣ 東京メトロ銀座線日本橋駅、浅草方面のホームへの階段にて掲示
  ➣ 東京メトロ東西線日本橋駅ホームへの階段にて掲示

● スマートニュースでのコーポレートビデオの動画広告掲出
 (11月5日~11日)

 

バイオジェンについて

神経科学領域のパイオニアであるバイオジェンは、最先端の医学と科学を通じて、重篤な神経学的疾患、神経変性疾患の革新的な治療法の発見および開発を行い、世界中の患者に提供しています。1978年に チャールズ・ワイスマン、ハインツ・シェイラー、ケネス・マレー、ノーベル賞受賞者であるウォルター・ギルバートとフィリップ・シャープにより設立されたバイオジェンは、世界で歴史のあるバイオテクノロジー企業であり、多発性硬化症の領域をリードする製品ポートフォリオを持ち、脊髄性筋萎縮症の唯一の治療薬を製品化いたしました。また、アルツハイマー病、神経免疫疾患、運動性疾患、神経筋障害、疼痛、眼科、神経精神医学といった神経領域の研究においても最先端の活動を展開しています。生物製剤の高い技術力を活かし、バイオジェンは高品質のバイオシミラーの製造と製品化にも注力しています。バイオジェンに関する情報については、www.biogen.com およびSNS媒体TwitterLinkedInFacebookYouTubeをご覧ください。

バイオジェン・ジャパンは、米国バイオジェンの日本法人です。世界で最も歴史のある独立系バイオテクノロジー企業の日本法人として、日本では2000年より事業を展開しています。バイオジェン・ジャパンに関する情報については、http://www.biogen.co.jpをご覧ください。

社名 : バイオジェン・ジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役社長 アジェイ スレイク
本社所在地  : 東京都中央区日本橋一丁目4番1号 日本橋一丁目三井ビルディング 14階
設立年月日  : 2000 年9月
事業内容 : 医薬品の開発・製造・販売
URL http://www.biogen.co.jp

CA-JPN-0162

その他のプレスリリース

  • 2018年10月31日バイオジェン・ジャパンの新社長にアジェイ スレイクが就任
  • 2018年10月29日バイオジェンとエーザイ、アデュカヌマブの第Ib相試験の長期継続投与試験の詳細解析を「アルツハイマー病臨床試験会議」(CTAD)で発表
  • 2018年10月29日バイオジェンの2018年度第3四半期売上、12%増の34億ドル
  • 2018年10月25日BAN2401の早期アルツハイマー病を対象とした臨床第Ⅱ相試験の追加データを第11回アルツハイマー病臨床試験会議(CTAD2018)にて発表
  • 2018年10月10日<スピンラザ®(ヌシネルセン)の新データを世界筋学会の世界会議で発表 脊髄性筋萎縮症(SMA)発症前乳幼児の治療における有効性を証明>